NPO法人ママの働き方応援隊

Akachansensei

赤ちゃん先生について

赤ちゃんの持つ様々なちから

赤ちゃんには、人が元々持っている善なるこころを引き出すちからがあります。赤ちゃんがいると皆が笑顔になり、赤ちゃんを通じて会話が始まります。また赤ちゃんを通じて自分自身を振り返り周りとの関係を考えるキッカケを与えることができます。偏見のない純粋な感情の固まりである赤ちゃんとのふれあいは、こころのフィルターを外し、安らぎと癒しをもらたらし、情緒を豊かにしたり安定させたりさせます。表情や泣くことで表現する赤ちゃんの感情を読み取ろうとするうちに、人としての感情が動き出し、他人のことを思いやる精神が身に着いたり、コミュニケーション力を向上させます。

※赤ちゃん先生は当法人が商標登録しています。当法人以外の赤ちゃん先生を使用した事業と当法人の事業は一切関わりがありません。

小学校・中学校向けプログラム

いのちの偉大さに気付き、自己肯定感を高め、いじめや自殺予防へ。生まれてきたことの奇跡・自分自身の命の偉大さを学ぶことを目的とします。実際に赤ちゃんと触れ合い、赤ちゃんの母親から生まれたときの話などを聞くことで親の思いや自分の価値・周りの仲間の命の価値に気づくことができます。

高校・大学向けプログラム

育児体験を通じて、親になる準備、結婚出産を視野に入れたキャリアの確立へ毎回成長する赤ちゃん先生とその母親との定期的な触れ合いから親になるということを体験を通して学びます。赤ちゃんは24時間可愛い存在ではなく、親になるということや責任も伴うこと・社会人としてキャリアだけを考えがちなこの時期に、共に子育てをしていくパートナーの存在の大事さや、家族を持つために働くことの意味なども自分自身のキャリアデザインとして具体的に考えていきます。

高齢者施設向けプログラム

赤ちゃんによる癒しと子育て文化継承を通して、生きる希望へ。赤ちゃんとの触れ合いから未来へつながる命を感じていただくことが目的です。癒しだけではなく、人生の大先輩として子育ての智恵・文化の継承を通して、次世代へ伝えていく使命感や未来への希望を見い出します。毎回のプログラムには、手遊び・歌・ストレッチなどいろいろなアクティビティが入ります。

赤ちゃん先生を開催しませんか?

様々なメディアで取り上げられ、全国的な広がりをみせている命の授業です。赤ちゃん先生クラスを開催していただくことが各世代の問題を解決する大きなきっかけになるかも知れません。是非ご検討ください。

30名まで
  • 30,000円(税別)
31名から10名追加毎に
  • ママディレクターと赤ちゃん先生1組2,000円(税別)
  • サブトレーナー1名2,000円(税別)
2時間目以降の追加料金
  • メイントレーナー1名3,000円(税別)
  • サブトレーナー1名2,000円(税別)
  • ママディレクターと赤ちゃん先生1組2,000円(税別)

開催実績(一部)

  • ふくろうの家
  • 香南市立佐古小学校
  • 瑞光苑
  • 空の花高井戸
  • 神戸大学発達科学部
  • 加西市鶉野中町いきいきサロン
  • 日本福祉大学
  • 神戸市立御影小学校
  • 東京都
  • 星が丘ホーム 第二ホーム
  • 神戸市立稗田小学校
  • 瀬戸内町立阿木名中学校
  • 兵庫教育大学付属小学校
  • 神戸市立須磨北中学校
  • 長野市立真島小学校
  • 兵庫県立阪神昆陽高校
  • 沼田市教育委員会
  • SONPOケア株式会社
  • キヨタ・ライフケア
  • 恩賜財団
  • 日本ケアリンク
  • 鳥取県立鳥取湖陵高等学校
  • グループホームたんなん
  • 広島市立船越小学校
  • 杉並区立高井戸第二小学校夢広場
  • 洲本市立安乎中学校
  • 南牧村立南牧中学校
  • リクルート北関東マーケティング
  • 静岡大学
  • 松蔭中学校
  • 学生向けキセキのクラス
  • ルリカケス
  • 広島市立上温品小学校
  • 福岡県立大学
  • ベネッセスタイルケア
  • 春日市教育支援センター
  • 茨木市立天王中学校
  • 兵庫県立篠山鳳鳴高等学校
  • 奄美の園
  • 東大阪市立玉川中学校
  • 姫路市立花田小学校
  • 赤穂市立赤穂中学校
  • 京都府立鳥羽高等学校 定時制課程
  • 明石市立西部図書館
  • 光慈会
  • 神戸市立烏帽子中学校
  • 神戸大学付属中等学校 明石校舎
  • 兵庫県立大学附属高等学校
  • 江川放課後児童クラブ
  • 神戸市立春日野小学校

赤ちゃん先生に参加するには

赤ちゃん先生は、ママと地域社会をつなぐことで、世代を超えるコミュニティを促進し、子育て文化を豊かにします。ママが子育て中にしかできない社会参加の形を体験することで育児への大きな自信につながります。また、子どもから高齢者まで様々の分野・世代の人たちと関わることで視野が広くなり、経験を通して学ぶことができ、誰かに喜んでもらえることが自分自身の生き甲斐にもつながります。赤ちゃんは、母親以外の人と触れ合う機会が増え、社会力が身に付きます。

Projects

ママの働き方応援隊の取り組み

赤ちゃん先生クラス

赤ちゃんとママが教育機関や高齢者施設・企業行政などに訪問します。赤ちゃんのもつ「人の善なる心を引き出すちから」で学びや癒し・感動を共有する教育プログラムです。

オンラインカレッジ

日本人が社会人になってから「学び直し(リカレント)」をする人の割合は先進国中最下位です。社会の課題をリアルに体験したママだからこその学びで、より社会を豊かにするサロンです。

企業コラボ

雇用されずに「家庭での支出決定権を持つポジション」であり、マルチタスク能力が高くなったママ集団とコラボできます。

NEWS

2022-05-21 福岡県立大学